設立の想い

 日本人には、日本の風土にあった生活様式がありますが、江戸幕府崩壊後、西洋文化を取り入れると同時に、多くの日本古来の伝統がなおざりにされてきました。 現在、日本古来の伝統を見直す動きがあることは、大変喜ばしいことです。しかしながら、まだまだ伝統文化を後世へと伝承していくには、難しい問題が多く残っています。

八百有余年の間、一子相伝で現在まで伝えられてきた伝統を継承していくため、特定非営利活動法人小笠原流・小笠原教場を設立いたしました。より多くの方々に弓馬術礼法小笠原教場(小笠原流)をご理解いただき、後世へと伝承していくことを願ってやみません。 皆様方のご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 

       小笠原流三十一世宗家嫡男

NPO法人小笠原流・小笠原教場 理事長

小笠原 清基

 

 

 

 

「共に次の世代へと継承していく」

弓術・弓馬術・礼法の流派、小笠原流

小笠原流は、鎌倉時代より続く、武家故実(弓馬故実)、弓術、弓馬術、礼法の流派。

小笠原家は初代小笠原長清に始まる、足利氏や徳川家と同じ清和源氏の家系です。

「流儀を教えることで生計を立ててはならない」という家訓を守り、

現宗家三十一世小笠原清忠も、他に仕事を持ちながら、全国の門人と共に、

流鏑馬や弓術、礼法の儀式を全国各地で執行しております。

小笠原流をさらに知りたい方

「共に次の世代へ継承していく」

当法人の趣旨にご賛同いただけます方を対象に会員制度を設けております。また寄付による小笠原流の伝統文化の保存、育成に支援頂ける方を募っております。

詳しくは下記ボタンをクリックしご確認ください。

▶︎ 会員になる

 会員特典

 

・弓馬術礼法小笠原教場が行う諸行事の拝観案内

・年二回発刊される会報「糾方」

・年一回発刊される会報「姿」

・小笠原流カレンダー

・宗家嫡男(小笠原清基)の指導による流鏑馬・弓術体験会

▶︎寄付をする

 NPO法人小笠原流・小笠原教場は仮認定NPO法人です。

寄付をした方は税額の控除を受けることができます。

 寄付特典

 

・年二回発刊される会報「糾方」

・オリジナルグッズ

あなたに合った

応援の方法がございます。

活動内容

理事長ブログ・小笠原流Facebookページの記事を配信

NPO法人小笠原流・小笠原教場では、

小笠原流の伝統文化の保存、育成を目的とし、

大人から子ども、又海外の方を対象とした小笠原流体験教室を行うとともに、

大学や研究機関の研究・実験に協力しております。

 

詳しくはこちらよりご覧ください

過去のメディア関連情報

 

JR東日本

東海道フィギュアみやげ 2016年12月23日

 

JALスカイワード

2016年12月

小笠原清基特集

MORE12月号

2016年11月

篠田麻里子氏が弓術体験

日経スペシャル 招待席

~武士の魂・流鏑馬の神髄~

2016年6月25日(土)

『ようこそ櫻の国へ』「古武術スペシャル 弓馬術 ~残

3月13日<TOKYO MX1>

美しいキモノ 2015年 冬号  柴咲コウさんの「一日弟子入り!」という特集

メンズノンノ

2015年12月号

栁俊太郎のニッポン文化入門 粋男でいこう

SNS公式アカウント

こちらからも小笠原流の日々の活動をご覧いただけます。

法人の概要

名  称

所 在 地

設  立

事業目的

本法人の定款と活動報告

特定商取引法に基づく表記

プライバシーポリシー

特定非営利活動法人 小笠原流・小笠原教場

〒251-0037 神奈川県藤沢市鵠沼海岸2-17-4

2008年2月

800有余年の歴史ある礼法・弓術・弓馬術の伝統文化の保存・育成

こちらからご覧いただけます。

こちらからご覧いただけます。

こちらからご覧いただけます。

フォームに必要事項を明記の上、お問い合わせください。

*は必須項目

必須

必須

フォームを送信中...

サーバーにエラーが発生しました。

お問い合わせありがとうございます。

メッセージを確認後、ご返信をさせていただきます。

必須

必須

必須

お問い合わせ

© 2016 特定非営利活動法人小笠原流・小笠原教場